スライドに頼ったプレゼンでいいのか?

Sponsored Links

プレゼンテイションやセミナーをYoutubeや実際に出かけて行き見ることがあるのですが、退屈な内容のものが少なくありません。その原因の一つがパワーポイントやKeynoteで作られたスライドです。

もちろん、つい注目してしまうスライドもあるのですが、多くのスピーカーがスライドに頼っています。中にはスライドに書かれた文章をなぞって読み上げているセミナー講師さえいます。

あなたはスライドを見に来たのですか?

私の場合は、その人の話を聞きに行っています。それなのにスライドを見せたがるスピーカーが実に多いです。そのスライドが面白ければいいのですが、ほとんどがあくびが出るもの。せめて、パワーポイントではなくKeynoteで作って欲しいと思うのですが、それでもスライドの作り方をご存じない方が作っているため、コンテンツの内容とは関係なしに子守唄代わりになってくれます。

スピーカーは話に徹すべき

スピーカーの多くが、話に来ているということを忘れています。

日本人なんで紙芝居が好きなの? いやいやそんなことはないでしょう。だって海外にだって紙芝居はありますし、私が子供の頃のような紙芝居屋さんが街の空き地に来る光景は今では見ることはありません。それなのに、ほとんどのスピーカーが紙芝居を始めてしまいます。なぜだと思いますか?

Sponsored Link

原因はパワーポイント。

試しにパソコンなしでプレゼンをしてみてください。根本的にやり方が変わるはずですから。
黒板くらいは使って構いません。でも多くの人が黒板を使わずに話し始めるはずです。「板書」って学校の先生のように慣れている人なら良いですが、普段使い慣れてない私たちにはとても難しいです。だから多くの人が話に集中できるはずです。話に集中できるということは聴衆にも目を向けることができます。聞いている聴衆がどんなところで反応していたのか。どこが退屈そうだったのかなどたくさんの情報が入手できます。次回の時にそれらを修正すればいい。

しかし、その下手くそなパワーポイントの画面切り替えに夢中なあなたの目には聴衆の様子など入ってはきません。むしろ、パワーポイントで自分が書いた文章に縛られてるはず。

私のこのサイトや、サービスでは「Keynoteの使い方」を始め、「プレゼン資料の作り方」「プレゼンテーションのコツ」などを解説しています。少しでも参考になればと思っています。特に「プレゼン資料の作り方」はわからないと、毎回において最悪な子守唄になってしまうので、しっかり勉強してくださいね。

facebookの方に話し方の参考になる動画がありましたので一度ご覧いただけるとイメージしやすいです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です