独自ドメインの取得方法

Sponsored Links

独自ドメインの取得方法は難しいことではありません。アフィリエイトするにも公式サイトを作るにも独自ドメイン(URL=ホームページなどの住所みたいなものですね)は必要です。もちろん無料ブログでもできますが、検索エンジンで上位表示させようと思うなら独自ドメインの方が有利です。ましてや士業や講師業、企業や店舗などでは独自ドメインの方が見た目も正式な感じがします。それがアメブロだったりseasaaブログなど無料ブログのURLだったりすると、正式な感じがしません。真剣にサイト運営を考えているなら迷わず独自ドメインを取得しましょう。

なぜ独自ドメインにしないのか?

独自ドメインにしない理由は

費用がかかるから

取得しても、それを使ったサイト作成ができないから

この二つが一番大きいからではないかと想像します。
費用がかかるという面はどうしようもありません。しかし毎年1,000円前後(.comや.jpはもう少し高いです)の費用が高いと思われる方は仕方ないのですが、独自ドメインにした方が断然有利だと思うので費用分くらいは稼げるはずです。

今回は独自ドメインの取得方法がテーマですので、詳しい議論は別の機会に。

独自ドメインの価格について

独自ドメインは安いものなら99円(セール時は80円とか、それ以下の時もあります)くらいから。.jpだと、例えばムームードメインの場合は2,840円。co.jpの場合だと2,480円(企業向き)と高くなります。.comはもう少し安くて1,280円。ここで、安いからといって簡単に決めないでください。安いのは取得時の1年だけで2面目からは高くなるものも多いです。

Sponsored Link

.com 1年め 1,280円 → 2年め更新 1,280円

.net 1年め 399円 → 2年め更新 1,480円

.biz 1年め 399円 → 2年め更新 1,480円

.xyz 1年め 99円 → 2年め更新 1,480円

.tokyo 1年め 920円 → 2年め更新 920円

2年めの更新価格が上げるものと変わらないものがあります。逆に更新後に下がるものはありません。.comが比較的良いとは思うのですが残っているものが少ないです。私が好きなのは.tokyo。更新後も比較的安いのとまだ空いてるものも多いです。

ドメインはここで取得できる

独自ドメインを取得できるところはたくさんあります。価格差はそれほど大きくはありません。たまにセールで安いこともありますが、更新後は高くなるので大きな差にはなりません。私は管理上のことを考えて二箇所くらいに絞っています。私が過去に取得したことがあって、オススメできるのは以下の3つです。

【ムームードメイン】

【お名前.com】

【バリュードメイン】

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です