STORKストーク・ワードプレス専用テンプレートに変更【評判】vs【悪評】どっち?

Sponsored Links

STORKストークというワードプレス専用テンプレートに変えてみました。

STORKストーク

1年位前にFacebookページへのアクセス用パーツをあるサイトで見つけて気になって調べたのですがどうやればいいのかわかりませんでした。実は今回は別のポイントが気になってテンプレートが何なのか調べたらSTORKストークだとわかって、デモサイトを見たら偶然、1年前に見たFacebookページ誘導用パーツを見つけたわけです。

テンプレートはサイトのデザインが大きく変わりますし、サイトの機能とか記事の書き方にも影響が出るためしっかり調べてから導入を決めました。他にももっと有名なサイトテンプレートがたくさんあります。全部使ってみてからの方が公平に評価できるのはわかるのですが全部を購入して入られませんので、従来使ってきたテンプレートを比較しながら感想を書いてみたいと思います。

アフィリエイトの効果についてはしばらく使ってみないとわからないので、後日加筆したいと思います。

すでにこのテンプレートのサイトにて詳細に機能の特徴が説明されているので機能についてはそちらをご覧ください。このサイトではストークの感想とか本家サイトに記載されてない使い方を備忘録として記載しています。

Sponsored Link

STORKストークの価格と購入方法

STORKストークはOPEN CAGE社が提供するテンプレートの一つです。

4種類のテンプレートが販売されていますが、最初に買うならSTORKが一番オススメです。
STORKストーク 10,800円
SWALLOWスワロー 9,900円
Hummingbirdハミングバード 7,980円
ALBATROSアルバトロス 7,980円

どれも安くはないのですがテンプレートの相場としては平均的です。使いやすいテンプレートで多くのサイトで使えそうですから使い勝手を考えれば安上がりなんじゃないでしょうか?これなら買って、失敗したってことはなさそうですから。

私がストーク購入を決めたポイント

アフィリエイトにも集客用にも両方使える

記事下のFacebookページのいいねボタンを設置可能

豊富な「ボックス」ショートコード表示サンプル

レスポンシブ対応

ワンカラム固定ページ

ランディングページが作れる

各Adsense広告用(PC、モバイル)

スクロール追従型

CTA(ヘッダー搭載のボタン)

カラムレイアウトの切り替えが簡単

ヘッダー画像の設定方法

Sponsored Link